沿革

 昭和23年11月  名古屋市中村区大正町において、先代社長生沼定夫が鍍金業を個人創業
 昭和24年3月   組織変更し、(株)三鷹鍍金工業所を設立
 昭和27年4月  三鷹金属工業(株)と改称する
 昭和36年2月  現在地に板金部門として、関連会社三越工業(株)を設立
 昭和43年6月  現在地に全面移転し合理化をはかる
 昭和46年7月  水質公害防止施設を完成。万全をはかる
 昭和47年11月

 愛知県知事より合理化優良企業として表彰される

 昭栄化学工業(株)を吸収合併する

 昭和50年3月

 新分野対策として、三菱重工業エアコンの指定代理店となり、

 エアコンの販売を展開する(エアコンのミタカ)

 昭和55年2月  愛知県知事より愛知県中小企業受診優良工場として指定を受ける
 昭和56年5月

 インドネシア・バンドン市のAAJAYAGROUPCORPの

 メッキ部門会社設立に参画し、その後毎年技術指導を行う

 昭和59年9月

 エアコンの販売の店舗を美和町森山弁才天76に設置。

 (株)エレモールと改称し、販売業務の強化をはかる

 昭和61年1月

 板金部門、熱交部門を東工場に移転し自動化を進め

 品質の高度安定化、合理化をはかる

 昭和62年9月

 省エネルギー化の太陽光選択吸収皮膜処理の集熱板を製造。

 真空式ソーラー温水器「サンファミリー」の愛知・岐阜・三重・長野の特約店となり、

 販売を開始(ソーラーのミタカ)

 平成5年5月  表面処理工場を増改築、亜鉛メッキラインの全自動化
 平成6年12月

 通商産業省地域相談事業の一環として、

 ソーラーシステム振興協会指定ソーラーシステム相談センターの愛知の契約事業者となる

 平成7年4月

 日本電気硝子(株)の家庭用と業務用販売網の整備に伴い

 「NEGソーラーシステム」中部地区特約店となる

 平成7年8月

 シャープアメニティシステム(株)と代理店契約を結び、

 太陽光発電システムの設計施工販売を開始

 平成17年11月  全国鍍金工業組合連合会より、環境整備優良事業所認定
 平成19年11月

 三菱重工空調システム(株)・三菱電機住環境システムズ(株)と

 太陽光発電システムの中部地区代理店契約を結ぶ

 平成22年10月  太陽光発電ショールームオープン
 平成22年11月  日立コンシューマ・マーケティング㈱と工事請負契約を結び、
 ソーラーフロンティア㈱の太陽電池モジュール販売開始
 平成23年5月  神奈川出張所開設
 平成24年5月

 凸版印刷㈱・大東建託㈱・大東建物管理㈱と取引開始

 平成26年5月  自社太陽光発電設備稼動開始
 平成28年2月  三越工業㈱と合併
 平成28年7月  販売店舗(エレモール)を本社内へ移転し合理化をはかる